平和台ファミリー歯科

03-5967-1812

アクセス

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 歯周病予防
  • 予防歯科
  • マタニティ外来

mtm

採用情報

アクセス

スタッフブログ

doctors File

doctors File

doctors File

「歯が痛くて我慢できない…」「一度神経を取る治療をしたのに、また痛み出してきた…」このようなお悩みを持って、当院にご来院くださる患者様は少なくありません。しかしながら、患者様は正しい情報を知らないために、適切な治療を受けていないということがあります。

私たち平和台ファミリー歯科では、歯の根の治療をしっかりと行うことによって、根本的に原因となる部分を解決する治療を行っています。これは保険治療ではなく、自由診療だからこそできる治療なのです。「保険でもできる治療をなぜ自由診療で行うのか?」「根の治療は表面的に見えるわけではないので、自由診療にする必要はないのでは?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、根の治療を自由診療で行うことで、より高度な治療ができ、患者様の口腔内を守ることができるのです。しかし、根の治療についてまだまだ患者様はご存知ない部分が多いのが現状です。ですから、私たち平和台ファミリー歯科では、しっかりと患者様に正しい情報をお伝えし、最適な治療をご提案しながら診療を執り行っております。

ここでは、歯の根の治療を自由診療で行う場合、具体的にどのようなことを行っているのか、何に注意しながら診療しているのか、ということなどをご紹介していきたいと思います。皆様にとって、少しでも理解を深めていただき、正しい治療を受けるきっかけになれば幸いです。

歯の根の自由診療を行うということ

通常の肉眼では治療が難しい歯であっても、顕微鏡を用いることで、飛躍的に治療の質を高め、成功率を上げることができるのです。これは通常の保険治療では対応ができない部分になります。
米国では、神経の治療はとても難易度の高い治療と認識されています。実際に専門の大学院に進学するにしても競争率が高く、優秀な人でなければそもそも進学することもできないのです。それくらい神経の治療というのは難易度が高く複雑な治療なのです。そして、その神経の治療ができるということは、とても優秀な歯科医師であると評価されているのです。また、欧米人は歯の貴重性を知っているため、高いお金をかけてでも歯を残すことに必要性を感じているのです。

自由診療による歯の根の治療は、様々な器具・道具を使い、高度な治療を実施していきます。ここでは、その特徴や治療の流れなどについてご説明していきたいと思います。

顕微鏡を使うことのメリット

実際に歯の根を治療する際に、顕微鏡を使用して治療すると、肉眼ではみることができないくらい(最大肉眼の20倍)まで拡大して治療することができます。20倍もの拡大をしながら治療することで、歯の神経の中に残っている感染物をしっかりと捉えて除去することができるのです。細かい部分まで確認できるため、とても精度の高い治療を行うことができます。

ラバーダムの使用により、衛生的な状況で治療できる

当院では、歯の根を治療する際に、「ラバーダム」というゴム製のマスクのようなものを使用します。「ラバーダム」は正式には「ラバーダム防湿」と呼ばれます。このラバーダムは、歯の治療を行う際に患者様のお口の周りにゴムシートを張り付けておき、治療する歯だけを露出させて治療していきます。それにより、歯の根の治療をする際に、唾液や水や薬液がお口の中に溢れないようにすることができます。特に唾液の中には細菌が混じっているため、細菌が入らないようにする効果があります。

ニッケルチタンファイルという特殊な治療器具の活用

ニッケルチタンファイルとは、歯の根や神経の治療を行う際に使う治療器具です。従来のステンレス製のものとは異なり、高い弾力性があるのが特徴です。この弾力性を生かして治療を行うことで、歯の根や神経の治療が正確に、かつ迅速に行えるものです。また、歯のダメージも最小限に抑えることができるため、歯への負担も少なくて済みます。こうして、ただ治療するだけではなく、その後の影響なども考慮しながら診療を行っています。

通常の歯の根の治療との違いは何か?

通常の治療方法では、改善しない場合であっても、マイクロスコープを用いて行う「歯根端切除術」という特殊な手術を行うことで、ほとんどの歯を、根の病気から回復させることができます。
また通常の治療方法では治療にかかる時間も長くなってしまいます。肉眼で行うため、細かい部分まで確認ができず、手や指の感覚に頼ってしまうためです。しかし、マイクロスコープを使うと正確に治療できるため、通常の治療では4~6回くらいかかる歯の根の治療を、だいたい2回、もしくは3回程で終了することができ、治療期間の短縮にもなるのです。

具体的な治療方法はどのようなものか?

治療方法は下記の流れで行います。

麻酔をして、患者様に痛みが起きない環境を作ります。

ラバーダムというゴムのマスクを装着し、口の中から細菌や唾液が入らないように、
かつ治療中の薬液が漏れないようにしっかりと封鎖をします。
治療する歯だけを露出させた状態にします。

特殊な超音波の器具や、形状記憶があり優れた弾力のあるニッケルチタンファイル
という道具を使用して、歯への負担が最小限になるように配慮しつつ、感染の除去、
形成を行います。

一度根の中に殺菌作用のあるお薬を入れます。
除去だけでなく薬の殺菌作用も生かし、より歯の根の中を清潔に、殺菌していきます。

顕微鏡で確認しながら根の中の感染を除去していきます。
そして、再感染しないように特殊な装置を用いて緊密に根の中に薬を詰めていきます。

もしこのような治療でも治らなかった場合は、根の先だけをほんの少し取り除く
手術を行います。
この手術をすることによって、確実に感染を取り除き、痛みがなく再発の低い歯
の状態にしていきます。

正しい情報を知らないと「知らないうちに、ひどい状態になっていた」「本来であれば、悪くならずに済んだ」「もっと早く治療しておけばと後悔している」ということになってしまいます。私たち平和台ファミリー歯科は、患者様のお口の中の健康、ひいては患者様の豊かな人生を守りたいのです。

ですから、この歯の根の治療について、しっかりと理解していただき、適切な治療を受けていただきたいのです。
そのためにも、私たち平和台ファミリー歯科では、しっかりとしたカウンセリングと説明、丁寧で確かな治療をご提供しています。まずは何か気になること、心配事、分からないことなどがあれば、お気軽にご相談ください。

院長はじめ、全てのスタッフが患者様の素敵な笑顔のために、最善を尽くしてまいります。

page top