平和台ファミリー歯科

03-5967-1812

アクセス

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 歯周病予防
  • 予防歯科
  • マタニティ外来

mtm

採用情報

アクセス

スタッフブログ

doctors File

doctors File

doctors File

歯周病治療 perio

歯茎の小さな変化に気付く事が大切です。

歯周病は病原菌が歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)から進入し、歯周組織を侵し、放っておくと歯を支えている歯槽骨を溶かす病気です。初期は自覚症状がなく歯ぐきが炎症を起こすなどし、痛み出した頃には病気が既に進行しています。

歯周病の治療としては歯ぐきやその奥の歯石除去を行います。その後、抗生物質で病原菌を殺菌し、症状がもっと重い場合は再度歯石除去を行い、損傷のある歯ぐきを再生する治療を行います。

歯周病の進行の仕方

歯周病は進行してからでないと自覚症状がでない病気ですが、歯肉の色の変化や腫れなどの異変はあります。そんなときは症状が改善されても菌の進行は止まりませんので、一度当院へお越し下さい。

歯肉炎

歯肉溝にプラークが溜まることで炎症が起き、触れると出血することもあります。歯磨きによって、また健康な状態に戻すことが出来ます。

軽度歯周炎

歯と歯ぐきの境目の隙間が深くなり、歯周ポケットを形成します。ここから根の先に向かって炎症が拡大していきます。

中等度歯周炎

歯根膜や歯槽骨も歯の根の長さの半分くらいまで破壊され、歯がグラつき始めます。硬い物を噛むと痛みが出るようになります。

重度歯周炎

炎症が更に拡大し、歯槽骨は半分以上破壊され、歯はグラグラしています。付け根がむき出しなので、歯が長く見えます。

予防のためにできること

歯周病は虫歯とは違う病原菌が引き起こす病気ですが、どちらも細菌が関わっています。虫歯は酸によって歯が溶かされる病気で、歯周病は毒素によって歯周組織が破壊される病気です。そしてどちらも歯垢が発症の鍵となっています。

歯垢を取り除くには、行き届いた歯磨きをすることがとても大事です。磨き残した歯垢は蓄積し、歯石となりますが、プロのクリーニング「PMTC」なら歯石も取り除くことが出来ます。


page top