平和台ファミリー歯科

03-5967-1812

アクセス

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 歯周病予防
  • 予防歯科

患者様の声

採用情報

アクセス

スタッフブログ

doctors File

doctors File

インプラント implant

高品質のインプラント治療で豊かな生活を。

事故や虫歯により歯を失ってしまったら、歯が抜けたままにしていてもいいでしょうか。歯が1本くらいなくても、他の歯で噛めるからと放置していると、徐々に歯並びが変わったり、挺出といって噛み合わせていた反対側の歯が出てくる場合があります。

そうすると、治療すべきところが1本の歯の治療以上に多くなってしまいます。また、大きな範囲で噛み合わせが悪くなることで、どんどんものが噛めなくなることも考えられ、早い段階で治療をするに越したことはないのです。

自分の歯で噛むような感覚

失った歯の治療法は昔は両隣と連なった義歯をかぶせるブリッジ、両隣にバネをかける部分入れ歯や総入れ歯が主流でした。今はそれらの治療法に加えて人工歯根を顎の骨に埋め込み、義歯をかぶせるインプラント治療が普及しています。顎の骨と人工歯根が癒着するため、義歯を歯ぐきの上にかぶせる従来の義歯治療とは異なる噛みごたえを味わうことができ、装脱着や洗浄の必要がありません。

インプラント治療を行うには、効果を最大限に引き出すために充分な顎の骨が残っていることや歯周病・全身疾患の有無などを検査する必要があります。診断をしてみないとインプラント治療が適切かどうかは分かりません。また、顎の骨に充分な厚みがなくても、骨造成治療やインプラントの品質向上により、治療が可能なケースもあります。まずは当院に一度お越しいただき、ご相談下さい。

それぞれの症状に最適な治療法

顎の骨に厚みがない場合、インプラント治療が普及し始めた頃は治療ができませんでした。しかし、今では骨造成や骨移植などの技術の進歩により、状態に合わせて複数の治療法が可能となっています。より多くの方にインプラント治療を行うことができます。

GBR(骨造成)

GBRとはGuided Bone Regenerationの略で、骨誘導再生法とも呼ばれています。インプラント埋入の際にわずかに骨幅が不足しいている場合に行います。インプラント埋入と同時に骨の足らない部分に人工膜を使用して骨の再生を促す方法と造成を行う方法と、最初に骨を移植・固定し再生させた後からインプラントを埋入する方法があります。

ソケットリフト法(上顎洞底拳上術)

上顎の鼻周辺には、鼻の穴につながっている上顎洞という大きな穴があります。上顎の骨の高さが足りないと、インプラントが上顎洞に突き出てしまうため、これを増大させる必要があります。ソケットリフト法では専用器具で骨を押し上げ、そこに人工骨やご自身の骨を移植することで、高さを確保しインプラントを埋入します。

サイナスリフト法(上顎洞底拳上術)

サイナスリフトはソケットリフトと同じく、上顎の骨造成を合わせたインプラント治療法ですが、違いはサイナスリフトの場合は骨の高さが5mm以下のため歯ぐきの側面から切開し、骨の移植を行います。ソケットリフトのように、上顎洞に骨を押し上げるのではなく、上顎洞の外にあるシュナイダー膜を歯槽骨から剥がすことでスペースをつくります。

インプラントに不可欠なメンテナンス

矯正治療同様、インプラント治療も定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスには短期間に定期的に診察することで問題が小さいうちに発見できるというメリットがあります。例えば普通にインプラントを入れて生活をしていたのに、割れてしまったとしても、メンテナンスを怠っていたら、保障の対象外として再びお金をかけて、埋め直しの手術を行う必要があります。 かみ合わせの乱れや歯軋りなどは細かいことでも見逃してしまうと大きな損失につながりかねません。メンテナンスを続ければ、インプラントはもっと快適に使うことが出来ます。

page top