平和台ファミリー歯科

03-5967-1812

アクセス

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 歯周病予防
  • 予防歯科
  • マタニティ外来

mtm

採用情報

アクセス

スタッフブログ

doctors File

doctors File

doctors File

一般歯科 general

まずは一般歯科にご来院ください。

「歯が痛い」「歯が欠けた」「歯がぐらつく」などの症状でご来院された場合、まず一般歯科にて診療いたします。自覚症状から患者様ご自身で判断されると、思っている以上に病気が進行している場合もありますので、まずはなるべく早めにご来院下さい。

お口の中をしっかり検査した上で診断を行い、患者様と一緒に治療法を決め、進めていきます。

どうして虫歯になるの?

どうして虫歯になるのでしょうか。歯磨きをきちんとしていても虫歯になってしまう人もいます。虫歯のメカニズムを知ることで、今後の予防につなげましょう。

虫歯のメカニズム

口の中の虫歯菌が歯の表面にある、だ液由来の成分ペクリルに付着します。そこで食べ物の残りカスに含まれる砂糖を分解し、デキストランという成分を排出します。

デキストランは歯垢を形成し、この歯垢が歯の表面に蓄積されていきます。蓄積された歯垢はネバネバしたバイフィルムという膜を形成します。

虫歯菌がだ液の入り込めないバイフィルムの中で代謝を行うことで乳酸を産生し、この乳酸が歯のエナメル質の脱灰を促し、歯を溶かします。

根管治療で虫歯菌を徹底除去

虫歯が神経まで達してしまった場合は、感染した神経を取り除き、薬を入れ消毒をし、菌が進入しないようにかぶせ物で密閉する根管治療を行います。通常、神経を取り除いた歯は他の歯よりも脆いものですが、適切に根管治療を行った歯は、すぐに折れたり欠けたりすることはなく、通常のように食べ物を噛むことが出来ます。

根管は構造が複雑で治療となると数回にわたるため、なるべく根管治療を余儀なくされる前に治療してしまうことが歯の寿命を延ばすためにもなります。

雑菌をシャットアウトするラバーダム

根管治療は、最後に完全密閉をしてしまうので、治療中にだ液などが入ってしまうと、雑菌が中に閉じ込められてしまいます。再治療を避けるためにも、根管治療には防菌が大事です。

治療時にラバーダムという薄いゴムのシートでお口の治療部位以外を覆って治療を行うことで、呼気の湿気やだ液の雑菌を防ぐことが出来ます。防菌を行うことで、根管治療の成功率は、防菌しない場合と比べて格段に高くなります。

page top